真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【6カ国目(2):インド】さよなら牛出づる国

 

f:id:yusana7:20190425181932j:image

 

 

 

牛の群れの中を走り抜けていくバイク・・・

 

 

 

こんな光景ともとうとうお別れの時を迎えようとしている。

 

 

 

インド出国。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出国です!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやくインドから脱出する日がやってきた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドに行った人たちは、めちゃめちゃハマって鬼のようにリピート訪問するか、もう一生来たくないと思うかのどちらかにはっきりと別れる、というのは有名な話。

 

インド初上陸から約1ヶ月半(途中ネパールを挟む)が経ち幾分インドの雰囲気やカルチャーなどにも慣れてきたわけだが、なんだかんだで真田は、圧倒的後者に振りきれた。

 

いつ誰が騙くらかしてくるかわからないから常に警戒してなきゃいけないし、横断歩道一つ渡るのだって気を張らないと楽勝で車の下敷きになるだろうし、飯食うのも衛生面の観点から場所選ぶの大変だし(屋台は数えきれないくらい食べたけど腹は壊さなかったのは良かった)、もうとにかく疲れるんだわ。加えて、バラナシやジャイサルメールでは牛及び牛糞が多すぎ、タイミング悪かったのもあるけど毎日暑すぎ(ジョードプルでは毎日40度オーバー)。HP鬼消費は不可避。VS詐欺師の話でいくと、別にインド人全員が悪い人ではないことくらいわかってるんだけども、例え本当のいい人に出会ったとしてもある程度時間が経つまでは疑ってかからなきゃいけないことが多くて、最初から人を信じることができなかった自分に心が痛んだ。

 

 

まあインドにもう一度来たいかと聞かれれば答えは(完全に)NOなんだけど、インドが嫌いかと聞かれれば実際そこまで嫌いでもない。 

 

 

この国本当に突っ込みどころが満載で、日本での生活では考えられないようなことが毎日普通に起きてそれはそれで何かしら示唆はあったし、第3者の立場でインド人を観察してる分にはむっちゃ面白い。なんてゆーか掴み所が全くなくて、「インド人は〇〇」みたいな定義づけが全くできないくらいみんな個性的。

 

 

 

 

 

 

 

まあ敢えて挙げるとすれば、、、

 

 

 

f:id:yusana7:20190425233925j:image

 

インド人ってとにかく並んで待つという行為が苦手なんですよね。少しでもスペースを見つければ、縦パスをインターセプトするカンテくらいのスピードで横入りするんですね。だからチケット売り場とかで順番を待つ時、みんなとにかく前の人と接近するんですよ。横入りを防ぐために。接近というか、もはや合体に近いです。ジャイプール駅にチケット買いに行った時、自分の肩の上に後ろのインド人の顎がのってたのは流石にビビりました。

  

あとは何でもかんでもシェアするとゆーか、パーソナルスペースがないとゆーか。1人分の席に3人くらいで座ったりするのはよく見ました。しかもその席は誰かが予約していた座席だったのにも関わらず、残りの2人が席を確保していなかったことがわかると、一緒に自分の席のスペースを与えてあげるんです。時には自分の膝の上に座らせることもあります。

 

 

良い意味でも悪い意味でも他人との境界線がないって感じかね。

  

これまたインド旅で有名な話なんだけど、事前に予約してた寝台列車乗り込んだら既に自分の席に謎のインド人が座ってて、俺の席だから退いてくれと言ってもなかなか退かないってやつ。僕も同じような経験は何度もしました。最初は剣幕立てて怒鳴って退かしてしまいましたが、今思えばその行動は大いに反省すべきことでした。彼らは別に悪気があってやったわけでもないし、日本人を困らせてやりたかったわけでもなくて、それが当たり前だっただけ。僕の方がインドを知らなすぎて、必要以上に腹を立ててしまっただけ。彼らも何の気なしにやったことだったろうに、気を悪くしただろーなーと思っております。。

 

逆に、そうゆうインド人に助けられた日本人も沢山いて、例えばコルカタからずっと一緒だったみっちゃんは、ウエイティングリスト(キャンセル待ち)のまま列車に乗り込んで、何処にいればいいか分からずあたふたしてたら、他のインド人に「席ないならココ座りなよ」と声をかけてもらって、同じ席で寝させてもらったらしい。みっちゃんはその体験がキッカケでインドを少し好きになったんだって。

 

インドって一括りに言っても東西南北で全く違って(南は行ってないけど)、東インドから離れれば離れるほど、特に南インドは良いところなんだとか。事実、僕もインドが嫌いじゃなくなったのは、西インドのラジャスタン州に入ってからで、特にジャイプールなんかは14時間くらいしか滞在しなかったにも関わらず、本当に良い人ばかりに出会った。

 

 

 

他にも僕の体験を挙げるとすれば、、

 

 

 

 

インドは世界のITを牽引している国のはずなのに、基本的に超アナログでITなんて全く感じないし、人類ではじめて数字のゼロを発見したのはインド人って言われてるくらいインド人は算数とか強いはずなのに、2桁の筆算余裕で間違えまくるし、3ケツバイク(※)の中に何故か1人だけ警察混じってるし。おおよそ理解不能なことばかりだった。

 

  

※バイクに3人で乗ること。日本では考えられないけどアジア諸国なんかでは当たり前。3人はまだ少ない方で5人乗り6人乗りってのもたまに見ます。

 

 

f:id:yusana7:20190425194404j:image

 

 ジャイサルメールで毎日通ったお店のオーナーの名前は「チャパティ・メン」。チャパティとはナンの薄いやつのことで、日本でいうと彼の名前はさながら「おにぎり君」。理解不能。

 


f:id:yusana7:20190425194344j:image

 

 現存するマハラジャの家はあり得ないほどでかい。理解不能。

 
f:id:yusana7:20190425194400j:image

 

 なんてゆーか忘れたけど民族衣装は突然可愛かったりする。これは理解できる。写真撮らせてくれてありがとーって言ったら、

 

 

 

なんでセルフィー撮んねーんだよって怒られて

 

 

 

f:id:yusana7:20190425233248j:image

 

 

 

 

セルフィー撮る・・・

 

 

でも送ってくれなんて全く言われない。送ろうかって聞いても要らないって。セルフィー撮るだけで満足。やっぱり理解不能。

 

 

 

 

 

不思議な国ですね。

 

 

 

 

 

ただ、僕が回ったインドなんてのはほんと一部にしかすぎなくて、自分が知らないインドはまだまだ沢山あるんだろーなーと思う。南の方なんかはとても気になる。

 

 

 

 

f:id:yusana7:20190425195152j:image

 

 

ちなみに改めて言っとくけど、もう一回来たいとは到底思わないけどね笑

あくまで気になるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで!

 

 

 

 

 

 

 

インド旅の終わりがやってきて、、次は何をするかというと、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時帰国!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカビザの発行が一応メインの目的ではあるんだけど、4ヶ月の旅を通して色々感情が擦れていったことは間違いなくて、日本に帰ってまたフレッシュな感覚を取り戻したいってのもある

 

 

 

 

とゆーことで、デリーからバンコク経由でジャパンに帰ります。2019年初日本。

 

 

 

 

 

バンコクには丸1日滞在するもんで、前回仲良くなったオンヌットのメンバーと再会して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、日本食が楽しみだーーー