真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

海外旅行用バックパックを選ぶ基準はたった1つ【グレゴリーがおすすめ】

海外旅行用バックパックを選ぶ基準はたった1つ【グレゴリーがおすすめ】

  • バックパッカーデビューをしたい!
  • バックパックの種類がありすぎて、何を選べばいいのか。。
  • おすすめ〇〇選じゃ、結局何がおすすめかわからない

そんなお悩みを持つ方向けの記事です。

悩みに悩むバックパック選びですが、たった1つの基準で劇的に候補をしぼることができます。

ということで、僕なりのバックパック選びの基準を紹介します。

ちなみに僕は、2020年現在でバックパッカー歴8年目に突入した旅好きで、これまで3つのバックパックを使ってきた人間です。

1年超の長期旅行も含め、これまで約50カ国に訪問しました。

海外旅行用バックパックを選ぶ基準はたった1つ【グレゴリーがおすすめ】

海外旅行用バックパックを選ぶ基準はたった1つ【グレゴリーがおすすめ】

ハルツームのコーヒー屋さん(スーダン)

結論、防犯対策ができるかどうか、です。

ほとんどのバックパックは、防犯意識ゼロ

以前アウトドアショップの店員さんから

「基本的にバックパックは登山用に作られているので、厳しい環境でもすぐに荷物が取り出せることを優先して、設計されてるんだよ」

と聞いたことがあります。

(全部ではないと思いますが)

登山ではとても重宝されるこの設計ですが、こと海外旅行となればデメリットだらけ。

窃盗やひったくりに合うリスクがあがるからです。なので、自分でカスタマイズして防犯対策ができるかが大切だと思います。

たった一つの基準:前面にファスナーの開口部があるかどうか

バックパックで最も無防備なのは、上部の巾着部分です。紐を引っ張ればすぐに開きますし、外から手を突っ込むのも簡単です。

前面にファスナーさえあれば、

巾着部分を永久封鎖→持ち物の出し入れは前面ファスターを使用

で、盗難のリスクをぐっと減らせます(リスクゼロにするのは不可能)。

具体的なやり方

①巾着部分にチェーンなどを通す

ホームセンターなどで量り売りしているチェーンなどを通します。

海外旅行用バックパックを選ぶ【グレゴリーズールの使い方】

巾着の絞り部分にチェーンを通す

②チェーンをロックする

これで永久封鎖が完了。

前面のファスナー口のみで、荷物の出し入れを行います。

海外旅行用バックパックを選ぶ【グレゴリーズールの使い方】

TSAロックで永久封鎖。巾着の開閉は一生しません。

③前面ファスナーを閉めるときは、こうやってロック

海外旅行用バックパックを選ぶ【グレゴリーズールの使い方】

チャックをねじねじにして閉めましょう

チャックをねじねじにしないと、強引に開けられてしまうので、ご注意を。

(ポテチ開けと呼ばれているらしい..)

海外旅行用バックパックを選ぶ【グレゴリーズールの使い方】
海外旅行用バックパックを選ぶ【グレゴリーズールの使い方】
ねじねじにしないと、チャックが開いてしまう=ポテチ開けリスクあり

前面ファスナー付バックパックってそんなに多くないので、この基準で候補をぐっと絞ることができます。

あとは、あなたの荷量とパワー次第です

この段階で初めて、バックパックの容量や形状、使い心地などの趣向を考えれば良いかと思います。

持ち物の量だったり、背負えるバックのサイズは完全に人それぞれだと思うので、絞り込まれた候補の中から、それぞれのニーズに合わせて選ぶ感じですね。

ボクが選んだのは、グレゴリーのズール40L

マジで使いやすいです。1年間の世界放浪も、これで十分いけました。

以下のあたりが決めて。

  • 前面のファスナーあり
  • 軽い
  • LCC機内へ持ち運べるサイズ
  • 背負い心地もgood

ボクがこれを買った当時、前面ファスナーがあって、容量が35〜40Lで、LCCの機内に持っていけるサイズで絞ると、これの他には、オスプレーのバックパックしかなったんです。

オスプレーのバックパックが体にフィットしなかった、ということであっさりグレゴリーのズール40Lに決めました。

参考:僕の第1号バックパックが、やばかった話

無防備なチャックだらけ、しかも全て片開きなので、鍵のかけようがないバックパックです。上の巾着部分からも、側面のファスナーからも、どこからでも開けられます笑

海外旅行用のバックパックは防犯対策ができるものを選びましょう
海外旅行用のバックパックは防犯対策ができるものを選びましょう
側面から簡単に手をつっこめる。チャックは全て片開き

 今でこそ、バックパックの選び方なんて記事にしていますが、デビューした頃はなんでもいいでしょと思っているタチでした。

幸い窃盗などのトラブルがなかったのでよかったですが、よくこんなガバガバなバックパック使っていたなと、今では思います。

バックパックスタイルの海外旅行で、他におすすめの防犯対策は?

3つを紹介します。

セキュリティーワイヤーケーブル

(2020年7月:amazon在庫あり、楽天在庫なし)

【使える場面】

  • ドミトリーにロッカーがない時→ベットにくくりつける
  • 荷物入れが遠い時→インドの長距離移動の電車などで、重宝します

ボクは心配性なので、個室に泊まる時でもバックパックをどこかにくくりつけてます。

外出中とか寝ている間に部屋に侵入されて、持ち物のほとんどを盗られたって話、よく聞くんですよね。。

TSAロック

(2020年7月:amazon在庫あり、楽天在庫なし)

【使える場面】

  • ドミトリーのロッカーに荷物を入れる時(ロッカーがあっても鍵がない宿は、結構あります)

上のバックパックの説明でも使っていた鍵。

鍵にはざっくり、TSAロックかそうでないものの2つがありますが、基本的にTSAロックの鍵を選んだ方がいいです。詳細はグレートティーチャーグーグルに聞いてみてください。

ファスナー、フック付きのズボン

ポケットにファスナーがついているか、もしくはフック付きのズボンを選ぶのがベターでしょう。フックの使い方は、こんな感じ。

バックパックスタイルの海外旅行は、防犯対策はマスト

フックに貴重品をひっかければ、盗難防止になる

フックに携帯のストラップなどをひっかければ、ひったくり対策になります。

このOUTDOORのバギーパンツは水陸両用なので、普段使いもできるし、水着としても使える優れもの。

似たようなのだとパタゴニアのバギーパンツもありますが、フックがついていない上に、値段も2倍以上の開きがあるので、こっちの方がおすすめです。

(2020年7月:amazon在庫なし、楽天在庫あり)


ブログランキング参加中。クリック応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

また、記事が面白い・役立ったと思った方は是非「はてなブックマーク」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 


あわせて読みたい旅のコラム

 

あわせて読みたい旅のコラム