Recommend

【格安/コスパ◎】ワイヤレスイヤホンならAnker!【欠点もある】

2021年4月8日

【格安/コスパ◎】ワイヤレスイヤホンならAnker!【欠点もある】
  • AirPodsは高すぎて手を出せない!
  • 1万円以下のワイヤレスイヤホンで高性能なやつが欲しい!

ピンからキリまであるワイヤレス(Bluetooth)イヤホン。

ガジェット関係に特段くわしくないので、何を買えばいいのかけっこー悩みました。

最終的に選んだ「Anker Soundcore Liberty Air 2」が文句なく使いやすかったので、他製品との比較も踏まえてレビューをします

今後ワイヤレスイヤホンデビューする方、買い替えを考える方は、

是非参考にしてください!

ちなみに、記事執筆時点で、僕は「Anker Soundcore Liberty Air 2」を約1年使用しています。

【格安/コスパ◎】ワイヤレスイヤホンならAnker!【欠点もある】

【格安/コスパ◎】ワイヤレスイヤホンはAnker推し【欠点もある】

モバイルバッテリー界でめちゃくちゃ有名なAnker、

当社の「Soundcore Liberty Air 2」は、格安&高性能でコスパ最強だと思ってます!

欠点から、先に言います

恐らくこのページにたどり着いた方の多くが

期待してるのが欠点についてだと思うので、先に言います。

あくまで個人の感想である、ということを踏まえてご覧ください。

フィットしすぎて、外音が聞こえない

想像以上に外音がシャットアウトされるので、

誰かに話しかけれても気づかなかったりします。

落とす心配はなくていいっちゃいいんですが、、

マイクの性能は、良いとは言えない(悪くもない)

これまで、10%くらいの確率で、「声がこもって聞こえる」と言われています。

ただ、残りの人には何も言われず、普通に電話・web会議ができました

そこまで悪いとも言い切れないかもですが、個人的にはちょっとウィークポイントかなと思います。。

音質のことは、よくわかりません

一部では音質はそこまで、、とのレビューがありますが、

普通に使っている分には特に悪いと思うことはありません。

AAC(iphoneが採用)、aptX(アンドロイドが採用)、どちらのコーデックも対応してるので、スマホとの相性を選ぶわけではなさそう

しかし、欠点を補いまくるメリットが沢山あるのが、Anker「Soundcore Liberty Air 2」

下記のように、メリットだらけです。

  • さすがのバッテリー持ち(7時間/28時間)
  • 軽い&小さい(53g)
  • 防水性能も十分(IPX5)
  • なにより安い(7,999円)

それぞれ、みていきます。

さすがのバッテリー持ち

再生時間は、イヤホン本体のみで最大7時間、充電ケース使用時は最大28時間。

さすがにバッテリー界で超絶有名なAnkerさん、

ワイヤレスイヤホンにも、その技術が惜しみなく投入されています。

参考:Air Pods Proは、最大4.5時間/24時間

軽い&小さい

【格安/コスパ◎】ワイヤレスイヤホンはAnker推し【欠点もある】

 

重量はたった53g、そしてこのサイズ感。

持ち運びにストレスが溜まることはまずないと思います。

参考:Air Pods Proは45.6g

防水性能も十分

Anker Soundcore Liberty Air 2が採用している防水規格は、IPX5。

噛み砕いて説明すると、以下のようです。

噴流水に当たっても有害な影響を及ぼさないので、お風呂でシャワーの水を浴びても、流水でジャブジャブ洗っても大丈夫なレベル」

(引用元:特選街web

ちなみに、それぞれの防水規格を「実際にやってみた」(笑)という

面白い記事があったので、興味がある方はこちらをご覧ください。

参考:Air Pods ProはIPX4(一つ下の規格)

なにより安い

これらの性能が装備されて、値段は7,999円!

発売当初は9000円台だったらしいんですが、

公式に2,000円のディスカウントがされています!

AIr Pods Proは27,800円

他のワイヤレスイヤホンとの比較

音質については、よくわからないので省略です。

ただ、強いこだわりがなければ、何ら問題はないように感じます。

メーカー Anker Apple Bose JVC SONY TaoTronics TaoTronics
製品名 Soundcore Liberty Air 2 AirPods Pro Bose QuietComfort Earbuds HA-FX100T WF-H800 SoundLiberty 94 SoundLiberty 97
再生時間(※1) 最大7時間 最大4.5時間 最大6時間 最大8時間 最大8時間 最大8時間 最大9時間
再生時間(※2) 最大28時間 最大24時間 最大18時間 最大20時間 最大16時間 最大32時間 最大36時間
重量 53g 46g 76g(非公式) 41g 不詳 50g(非公式) 41g(非公式)
サイズ 50x56x25mm 45×61×22mm 51x90x32mm 不詳 不詳 43×73×33mm 58×46×28mm
防水規格 IPX5 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4 IPX4 IPX8
外音取込 - - -
値段 7,999円 30,580円 33,000円 15,000円くらい 13,000円くらい 8,999円 3,999円

筆者の独自リサーチです。参考ページやリサーチ時期によって内容が異なる場合がありますのでご了承ください。
※1:イヤホンのみ再生可能時間
※2:充電ケース再生可能時間

こうして比較すると、Anker Soundcore Liberty Air 2が良い感じがします。

SoundLiberty 97もかなり良さげだったので実際に現物を確認したのですが、

イヤホンがうどん型じゃない分持ちづらいと感じたこと、

また別のAnker製品を使っていため前者の方が安心感があったこと、

などの理由から僕はAnker Soundcore Liberty Air 2を選びました。

結果、満足しています。

Soundcore Liberty Air 2のコスパはすごい

音質のことは詳しくわかりませんし、装着感は人それぞれですが、基本的にはSoundcore Liberty Air 2のコスパはすごいと思います。

購入してから1年ほど経ちますが、全く問題なく使えていますし、オススメです。

Ankerをいまいち信用できない方へ【ワイヤレスイヤホンより、バッテリーが最強】

Ankerをいまいち信用できない方へ【ワイヤレスイヤホンより、バッテリーが最強】

 

これまでAnker製品を使ったことない方でも、

安心して試してみたくなることをいくつかピックアップしてみました。

30日間の返品返金保証がある

失敗した、と思ったら返品できます。

18ヶ月間の製品長期保証もある

不具合などが起きた場合、新品との交換ができます。

18ヶ月あると、安心ですね。

多くのミニマリストバックパッカーもankerを愛用

世界を飛び回る旅人たちにとって、極力荷物を減らすことは宿命のようなものです。

そんなミニマリストたちも、多くはAnkerのモバイルバッテリーを使っています(僕もです)。

それも日本人だけでなく、海外の人も使っているのをたくさん目にしました。

それだけシェアが高く、かつ使いやすいということなんだと思います。

ワイヤレスイヤホンはちょっと、という方は、Ankerのモバイルバッテリーを使ってみてはいかがでしょうか?

Anker PowerCore Essential 20000

※僕は、海外旅行好きの旅猿です。これまで約50カ国に訪れました。1年間の長期放浪も経験してます。

個人的にAnkerは素晴らしいメーカー

一昔前までは、中国産=品質悪、みたいなことも言われていましたが、こうゆう商品がでてくると、もうそれも違うのかなという気がしてきますね(モノにもよりますが)。

AnkerにしろHUAWEIにしろ、高性能のガジェッドを生み出す中国系企業がどんどん出てきて、中国の技術革新をひしひしと感じます。。

ということで、おすすめのワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Liberty Air 2」の紹介でした!

素敵なガジェットライフを!


  • ブログランキング参加中です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

  • はてブもお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな記事も読まれています!

-Recommend

© 2021 Yusana Blog