真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ3枚【海外旅行のお共】

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ2枚【海外旅行を豊かに】

  • 窓口の現金両替より、海外キャッシングの方が安いらしいけど、どのクレジットカードが良いの?
  • セディナより優れたカードある?

こんなことを考えている方向けの記事です。

こんちには、元銀行員のパックパッカーです。

1年間の世界放浪などを含めて、これまで50カ国に行きましたが、海外キャッシングは素晴らしいです。

劇的にコストを抑えられるので、海外旅行の際に利用すべきサービスだと思っています。

上記の質問に答える記事内容になっているので、海外旅行、世界一周、海外移住などの準備にご活用ください。

海外キャッシングについてあまりご存知ない方は、【窓口はダメ】海外旅行のお得な両替はクレカのキャッシング一択 をご覧ください

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ2+1枚【海外旅行のお共】

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ3枚【海外旅行のお共】

ベトナム最北部の町、ハザン

これが僕の、おすすめ布陣です。

ポイントはたった3つだけ

  • ネットで、繰り上げ返済できる
  • ブランドが、VisaかMastercard
  • ATM使用手数料がかからない

この3拍子が揃っていれば、格安&どこでも、現金調達ができます。

窓口での両替は、基本的に不要です。

ネットで繰り上げ返済ができないと、、

平均で1ヶ月分くらいの利息支払いが発生(年利18%×30日/365日=1.5%)

ブランドがVisa・Mastercardじゃないと、、

利用できる海外のATMが、激減。

ATM使用手数料がかかると、、

一般的な旅行程度の小額利用であれば、ATM使用手数料は割高です。 

極端な例ですが、1000円分の引き出しに、ATM使用手数料100円を毎回払ってたら、手数料率10%です。

1軍として2枚、2軍として1枚のカードをチョイス

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ3枚【海外旅行のお共】

ペトラ遺跡(ヨルダン)

1軍筆頭は、アコムACマスターカード

  • 強み:手数料率が、ほぼゼロ
  • 理由①:キャッシングした直後に、ネットで繰り上げ返済できる
  • 理由②:ATM利用手数料が、かからない

つまり発生するコストは、ブランド(Visa・Mastercard)の上乗せレートだけ。

ただし、ここは利用者はコントロールできません。

ちなみに、ざっくりイメージでは、ドル円の窓口両替はだいたい2.5〜3%、マイナー通貨であれば10%近くの手数料がかかることも少なくありません。

1軍補佐は、セディナカード

  • 強み:手数料率は0.2〜0.5%くらい(ざっくり)
  • 理由①:キャッシングから数日後に、ネットで繰り上げ返済できる
  • 理由②:ATM利用手数料が、かからない

かかるのはブランドの上乗せレート+数日間の利息のみ。
キャッシングから3日間後に返済すると、借入利息は0.15%くらいです。

(年利18%×3日/365日=0.15%)

VisaよりもMastercardの方がレートが良い場合が多いようですが、ビジネスなどで使用しない限りは、あまり大きな差ではないと思います。

2軍として、エポスカード

  • ネット返済ができるのはいいが、ATM利用手数料が毎回発生
  • だけど、他の多くのカードは、そもそもネット返済できない
  • なので、予備としては良い

キャッシング金額が1万円以下なら100円、1万円超なら200円のATM使用手数料がかかります。

この点は若干マイナスですが、やはりネットで繰り上げ返済できるのは強いです。

(海外旅行保険については、別のおすすめあり)

参考記事:【2020年改悪】海外旅行保険はクレジットカードで十分【3枚厳選】

個人的には、あまりおすすめできないカード

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ3枚【海外旅行のお共】

ルワンダのコーヒー農園から

何を基準にするかによって、選ぶカードは全く異なりますが、先述のポイント3つに照らして考えた場合に、あまりおすすめできないカードをいくつかあげてみます。

 

【ポイント3つ】

  • ネットで、繰り上げ返済できる
  • ブランドが、VisaかMastercard
  • ATM利用手数料がかからない

僕が個人的に推察した「選ばれている理由」と、「なぜおすすめしないか」をセットで書きました。

※繰り返しになりますが、「海外キャッシングのみ」に焦点をあわせた場合なので、ご理解を頂ければ幸いです。

JCBカード

【選ばれてる理由(多分)】

  • ATM使用手数料がかからない(ことが多い)

【おすすめできない理由】

  • 繰り上げ返済に日本への電話+銀行振込が必要
  • ブランドがVIsa・Mastercardじゃない

繰り上げ返済に「電話料金+振込手数料」が必要なのは、コスト大。。

参考:【無料アプリ】格安で海外から電話するならこれ!【国内でもお得】

デビットカード、国際キャッシュカード(三菱UFJデビットなど)

【選ばれている理由(多分)】

  • 現地通貨を、日本の口座から直接引き出せる利便性(借入の必要なし)

【おすすめできない理由】

  • デビットカードは見えないところで、色々と手数料がかかる

デビットカードは、(海外キャッシングではかからない)為替手数料や外貨取扱手数料・出金手数料などがが上乗せされることが多く、割高になりやすいです。

楽天カード、ライフカード

【選ばれている理由(多分)】

  • 海外旅行保険が優れている

【おすすめできない理由】

  • 繰り上げ返済できない
  • ATM使用手数料がかかる
  • 楽天カードは海外旅行保険の条件が変更に。。

以前は利便性の高かった、楽天カードの海外旅行保険ですが、2020年10月〜条件が悪化。

また海外キャッシングについては、特にメリットがないという感じです。

参考記事:【2020年改悪有】楽天カードは海外旅行用のクレジットカードになるか

※これらのクレカを普段から利用している、ポイント還元が高いなど、別の理由で選ばれるケースは往々にしてあると考えています。今回は、海外キャッシングだけに焦点を絞ってお話ししました。

海外キャッシングを使うときの注意点は?

【徹底比較】海外キャッシングにおすすめのクレカ2枚【海外旅行を豊かに】

北欧エストリアの首都タリン

ネットでの繰り上げ返済を忘れたら、高くなる

繰り上げ返済をすることで、はじめて海外キャッシングのメリットを、マックスに享受することができます。

◯(例)5万円分を下ろして、3日後に返済

→5万円×年利18%×3日/365日=手数料8円

◯(例)30日後に自動引き落とし

→5万円×年利18%×30日/365日=手数料740円

カードを裸では持たない方がいい

犯罪の技術もすごい勢いで技術が進歩していて、今はカードに直接触れなくてもスキミングされて(カード情報を盗まれて)しまう時代。やれる対策は、やったほうがベターです。

  • スキミング防止用のケースに入れて持ち歩く
  • 使うときは、サムライが剣を抜くように素早くATMに差し込む

などの、対策がいいと思います。

それでも僕は、スキミングされてしまった。。

宿に置いてあったバックパック越しに、情報が抜き取られました。

不正利用された分は、基本的にカード会社が補填してくれるので、実損はありませんでしたが、その後の対応がちょっと面倒でした。

お気をつけください。

【全額補償・無料電話】海外でクレジットカード不正利用されたら?

「ATM利用手数料がかかります」的なメッセージがたまにでる

たまにATMの画面上にそんなメッセージがでますが、デフォルトででるやつがほとんど(?)なので、基本的には気にしないで大丈夫だと思います。

タイなどの東南アジアでよく目にしますが、今まで実際に徴収されたことは一度もありません。

それでも使ったことがないから不安という方は、、

とりあえず、日本で使ってみる

今回紹介しているカードたちは入会費・年会費すべて無料。

キャッシングの仕組みを理解するにはちょうどいいので、一度使ってみることをおすすめします。

これまで40カ国で、使えています

海外キャッシングを知ってから、渡航した国はだいたい40カ国。その中で、海外キャッシングができなかったのは、スーダンだけです。

スーダンはアメリカの経済制裁を受けているので、VISA・Mastercardなどは全く使えない。旅行先として人気のイランも、同じ状況。

構造的に利用ができないスーダンを除けば、全ての国で使えています。

とゆうわけで、ボクのおすすめのカードはこれ

盗難やその他のトラブルへの備えとして、複数のクレカ&最低限の現金を準備するのが、おすすめです。

今回の記事が、何かの参考になったとしたら、幸いです。 


ブログランキング参加中。クリック応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

また、記事が面白い・役立ったと思った方は是非「はてなブックマーク」をお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加 


あわせて読みたい旅のコラム

 

あわせて読みたい旅のコラム