真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【カンボジアの歴史】悲惨な大虐殺、その現場へ【歴史から学ぶ】

【カンボジアの歴史】悲惨な大虐殺、その現場へ【歴史から学ぶ】

今から約40年前、カンボジアで約4分の1の国民が当時の政権によって殺されました

かの有名な、クメールルージュ(ポルポト)による大虐殺です。

カンボジア各地にはクメールルージュ時代に虐殺に使用された施設がいくつも残っていて、当時のことを学べる博物館・資料館としてオープンしています。

この記事では、僕が首都プノンペンにある施設を訪れた時に感じことと学びについて共有したいと思います。事実関係については、施設でうけた説明をもとに記載をしています。

【本記事の内容】

  • クメールルージュの大虐殺を振り返る
  • 首都プノンペンにある2つの施設へ訪問
  • 学び:情報を見極める大切さ

※訪問:2019年2月

※未解明のことも多く、数値などは諸説ありです

【カンボジアの歴史】悲惨な大虐殺を振り返る

  • 1975年4月17日〜1979年1月7日
  • 4年弱で国民の約25%(170〜190万人)が殺された
  • 当時の政権(クメールルージュ)による、虐殺

隣国で起きたベトナム戦争の影響をうけ、国内が混乱状態に陥ったなかで政権を握った共産主義党クメール・ルージュ、また党首であるポルポトという人物は、農業中心の国づくりを始めました。

「革命に学問は不要」

ポルポトにとって不要とされた知識人は片っぱしから収容所に送られ、強制労働をさせられ、最後は無理やり罪にかけられて殺されました。

医者や教師、公務員などの人たちは問答無用で知識人の対象として扱われましたが、そのほかにも以下のような理由だけで、連行の対象になったそうです。しかも家族ごと。

  • 都会に住んでいる
  • メガネをかけている
  • 自営業を営んでいる

2019年2月8日時点で、当時使われていた収容所は343箇所がみつかっています。まだ全容は不明で、今だに新しい収容所が発見されていますし、既に水没してしまった場所もあるようです。

首都プノンペンにある2つの施設へ行く

トゥールスレン虐殺博物館

  • もともとはプノンペン郊外にあった高校
  • 12,000〜20,000人が監禁された
  • 確認された生存者は、わずか12人

壁にかけられている施設発見時の写真や、建物の至るところに残る血跡、収容者をしばるベットなどから、拷問の悲惨さがひしひしと感じられます。

かつての学生の遊び場は拷問場所となり、収容者を吊るして暴行を加え、気を失うと排泄物が溜まった壺に顔を突っ込み、気を取りもどすとまた暴行。

その後独房に入れられ、何ら関係のないスパイ容疑などの罪を問われ処刑犯とされたそうです。

刑場跡キリングフィールド

  • トゥールスレンで処刑犯扱いされた人が送られた
  • 約20,000人が殺された処刑場
  • 子供も大人も、関係なかった

毎日毎日罪のない人が無惨な最期を迎えました。

カンボジアは決して裕福な国ではなく、銃弾の使用はもったいないとして、こん棒やくわなどで収容者を殴って殺したそうです。赤ちゃんが頭を叩きつけらていたという木は、キリングツリーといわれていて、ミサンガやお花などの多くのお供え物が木に掛けられています。

こんな地獄が、4年間も続いたなんて信じられません。

クメールルージュが他国との接触を絶って鎖国状態になり、国外への情報が流出することがなかったために、4年間も他国にばれなかったそうです

この大虐殺は、今もカンボジアに多くの影響を残しています。現地には、家族が親戚がいない人がたくさんいます。下の図は2019年のカンボジアの人口ピラミッドですが、明らかに40歳以上が少ないことがわかります。

カンボジアで起きた悲劇は現代にも影響を残している

2019年のカンボジアの人口ピラミッド(PopulationPyramid.netより転載)

学び:情報を見極める力を養うことの大切さ

クメールルージュは幼い子どもや教育を受けていない子どもに対して、クメールルージュの価値観のみを刷り込ませて、ポルポト仕様の兵を育てていきました。

一部の人によってつくりあげた圧倒的な情報格差が、軍の体制を強化したかたちです。

情報格差があることで、人は簡単にコントロールされてしまうんですね

ネットが発達した現代、世の中はおびただしい数の情報で溢れかえっています。その中には正しいものも沢山あれば、間違っているものも沢山あります。

全員が正しいと思い込んでいるものも、実はフェイク、ということだってあるかもしれません。

情報を正しく見極める力がなければ、簡単に色々なものを失ってしまう時代に、僕たちはいるんだと思います。

様々な情報に触れる、様々な人と話す、沢山のことを経験する、色んなところへ行く、本を読む、映画をみる。方法はなんでもいい。ひとりひとりが情報を見極める力をつけていこうとすることが大切なんだろうと、強く感じました。


ブログランキング参加中。クリック応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

また、記事が面白い・役立ったと思った方は是非「はてなブックマーク」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 


あわせて読みたい旅のコラム

 

あわせて読みたい旅のコラム