アジア

人生で初めての陸路国境越えはタイからミャンマー

2019年1月6日

今回の訪タイの目的はスネークファーム予防接種でしたが、早々にその目的を達成してしまったので次の国へ移動します!

目指すはミャンマー。初上陸の土地。

バンコクからヤンゴンまでバスやらトゥクトゥクやらを乗り継いで陸路国境越えをします。

まずはモーチット駅周辺にある北バスターミナルへ。駅からはバスが出てるらしいが、どうもこうも分からず、結局、昨日同様歩くことに。

バックパックを背負って約2kmの道を歩きます。

大汗かいてたどり着いたものの、出発までは1時間半ある。どうせ遅れることがわかってるのに、日本人らしく時間を守ってしまう。

そして時間になりバスがきた!

f:id:yusana7:20190108125227j:image

聞いてはいたけど、その予想を超える綺麗さ。

これで400バーツ(1300円くらい)!

f:id:yusana7:20190108125246j:image

車内も快適。

これなら8時間のドライブも楽勝ですわ。

休憩が何回かあった上、国境到着直前ではパスポートチェックで2回もポリスがバスに入ってきた。寝ては起こされを繰り返し、タイ国境の町メーソートのターミナルに到着。

ここからトゥクトゥクに乗り走ること10分。

f:id:yusana7:20190108125304j:image

タイ側の国境にきましたーーー

イミグレを通過→友好橋を渡ります

f:id:yusana7:20190108125327j:image

ミャンマー側のイミグレ通過すれば

f:id:yusana7:20190108125418j:image

祝ミャンマー入国!!

時刻は朝の5時半。

道行くおじさんに声をかけられ、ヤンゴンまでのバンを確保。400バーツ(ミャンマーだけどタイバーツでの支払可)で10時間の道のりとのこと。

出発は8時半だからそれまで待ってろと放置されたので、道に座って人々を眺めて時間を潰す。

このバンは乗り合いバス的な感じで、出発までの間におじさんは客を集めます。

8時半になってやってきたバンは、奇跡のオンボロ車。

しかも走り出したと思ったらなかなかの悪路wwエアコンなんてもちろんなし、窓開けると砂埃マックス。窓際の席じゃなくてよかった。。

f:id:yusana7:20190108125547j:image

他のバンはどーしてんのかわかりませんが、僕が乗ったやつはとにかくぎゅうぎゅうに人を詰め込んでたもんで、何よりケツがしんどかった。

結果12時間かかったこのドライブは想像を超えるきつさでした。たまたま一緒に乗り合わせた日本人の方々もだいぶやつれてました笑

出国は空路にしようと決めた、そんな一日でした。

f:id:yusana7:20190108130006j:image

(たまに現れる舗装された道)

こんな記事も読まれています!

-アジア

© 2021 Yusana Blog