真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【4カ国目:ベトナム】<ハノイ>強盗

もう1週間米を食っていない。

 

 

米派の俺としては有るまじき事態である。

 

 

炊飯器で炊いた米だけでも食えちゃうくらい、米派。

 

 

日本にいて朝飯がパンなんて反逆行為だと後輩に罵声を浴びせるくらい米派。

 

 

まあそれだけベトナムは、米がなくても飯が美味しいという証拠なんだが。フォーを食べない日、まじでない。

 

 

さて、掲題件についてです。僕のことではありません。ルアンパバーン(ラオス)→ハノイのバスで知り合ったのぶさんです。

 

 

 

昨夜、ドミに帰る途中でローカル二人組に話しかけられフレンドリーに肩組んできたかと思いきや、巧みにポケットからスマホを取られバイクで逃走されたそう。

 

 

 

 

のぶさん、相当ショックを受けていた。

 

 

 

 

 

のぶさんは自分同様世界一周に挑戦している先輩トラベラー。

 

 

 

旅をスタートさせてから既に5ヶ月が経過しており、旅慣れはしていた。

 

 

 

 

けどその旅慣れが仇となり今回の事件に巻き込まれてしまっていた。

 

 

 

 

東南アジアは比較的治安が良いし旅人に優しい人が多い。旅をある程度続けてきていて、俺は大丈夫だという自負もあったと思う。お酒も入って気が緩んでしまっていたのも相俟っていた。

 

 

 

 

けどこれが現実。人を信じた結果、人に裏切られる。

常に注意していなければならない。どんないい旅をしても、一回このようなことがあるとその国のイメージはいつまでたっても最悪のまま終わってしまう。

 

 

「人をどこまで信用するか」

 

 

旅人の永遠の課題。信用しすぎると必ず痛い目を見るし、かといって誰も信用しなければ、その旅はとても小さくまとまってしまう。

 

 

 

ある旅人から、アフリカに行った時に車内で5人に囲まれてボコボコにされ身ぐるみを全て剥がされた話を聞いたことがある。

 

 

 

 

それも、信用する人を間違えてしまったがために起きた事なんだと。

 

 

 

人は何に対してもいつかは慣れてしまう生き物。良い意味でも悪い意味でも。

 

 

 

自分はまだスタートして1ヶ月だからある程度気を張れているが、いつかその緊張感も緩んでくるんだろうと思う。そんな時に今回の事件を思い出して、自分には同じようなことが起こらないように注意しよう。

 

そして旅を楽しむ!

 

いつも新鮮な気持ちで!Always be fresh!

 

 

 

のぶさんはビールが好きじゃないにも関わらず、今日はやけ酒だったのかビアホイでガンガンビールを飲んでいた。

 

 

今日のビールは飲みやすかったから飲めたと言っていたが、俺には、のぶさんの一飲み一飲みが、心に空いた穴を埋めるための修復作業にしか見えなかった。笑

 

 

f:id:yusana7:20190204231532j:image

 

 

BTW、ここハノイに初めて到着した日から計算すると既に10日が経っている。空気は汚いけれど、なんか結構好きな街だ。なんかとゆーか、ビールが安いから一択なんだけども。

 

前回の記事でも書いたけど、一杯5,000ドン(25円)ってどーゆう現象なのか全然意味わかんない。

 

 

そんなハノイとも明日でお別れ。そしてそしてベンともここでお別れ。ハノイではずっと一緒にいたもんだから、相棒を失う感覚に近い。

喉が渇いたら一緒にカフェに行き語らい、欲しい物があれば一緒にスーパーに行ってそれを探し、腹が減ればフォーと食べに行く。

付き合っててもおかしくないレベルだったな今考えると。

 

f:id:yusana7:20190206002638j:image

日本かノルウェーで必ず会うことを誓い、私はホーチミンへ旅立ちます。