アジア

<バンビエン>ラオス自慢の自然達

2019年1月17日

今日も洗濯物との戦いで1日が始まる。

日本では洗濯機に突っ込んで終了だったけど今は完全に手洗い。

本当に汚れが落ちてんのかは不明。

特に気にしないけど。

11時頃、バンビエンのNo. 1クレイジースポット「サクラバー」がある通りの店でバイクを借りる。夜8時まで借りて40,000キープ(520円)。東南アジアでは500〜600円くらいで1日バイクを借りれるところが多い気がする。

今日はこいつをフル稼働させてバンビエンを走りまくる予定である。

f:id:yusana7:20190117204656j:image

セミマニュアル車笑

マニュアル車は学生時代乗ってたけどセミマニュアルの運転は人生始めてです。

オートマはセミマニュアルの1.5倍の値段だったからね

当然安い方だよね

目星をつけたラグーンとビューポイントに向かいます。あとはその途中で面白いとこがあれば行く。

f:id:yusana7:20190117205819j:image
f:id:yusana7:20190117205747j:image
f:id:yusana7:20190117205722j:image

自然がいっぱいなんじゃ〜

バイクでこーゆうとこ走るとほんときもちーよね!

ただ、色んな人からバンビエンは自然MAXで感動するよーみたいな話を聞いてたけど、感動まではいかなかったかな。

去年まで、前職で青森県八戸市を営業エリアとして担当していたもんで、ちょいちょいおんなじような光景のところをドライブしてたからの。

さてそんなこんなで完全舗装された良道を進むこと15分(?)。超人気スポット、Blue Lagoon 1に到着。この付近にはラグーンがいくつもあって、Blue Lagoon 1

、Blue Lagoon 2みたいな感じで各所ナンバリングされてます。

ここ1は街中から1番近くてみんな訪れる場所。

f:id:yusana7:20190117211812j:image

入場料10,000キープとる割にはくそつまんなかった。

何人か木の上からラグーンにダイブして遊んでた。

そっこー退散。

ここからさらに山の奥へ進む。未舗装エリアに突入。

ガタガタの道をカブみたいなバイクで走り抜ける笑

15分くらい走ったとこで次の目的地である、Nam day top view pointへ到着!

f:id:yusana7:20190117212329j:image

ここから頂上まで登るのが予想を遥かに超えるきつさだた。。

汗だくだし息あがりまくり。多分、脈拍180回/分を超えていた。。

f:id:yusana7:20190117212642j:image

頂上からの景色は絶景でしたよーーー

これはテンション上がった!!AZS!!

次はさらに奧へ。Blue Lagoon 3を目指す。

相変わらずの悪路。振動で手足はガタガタ震えておる。

でもこうゆう道でギアをがちゃがちゃやりながら走るのが結構楽しくて、日本に帰ったらまたバイク買おうかなーとか思って30分くらい走りました。

f:id:yusana7:20190117213009j:image

ラグーンはつまらん。なんかロープにぶら下がって飛び込んだりしてみんな楽しんでたけど、こじんてきにはあんまりそうゆうアクテビティ興味なくて。。ダイビングは好きです。

もう悪路走行にも疲れたもんで、ドミトリーへ帰りました。

夜の部。

ヴィエンチャンからバンビエンへのバス移動の時に仲良くなったコイチさんと、コイチさんがバンビエンで仲良くなったイギリス人セブと3人でリバーサイドのお店で夜飯。

f:id:yusana7:20190117213707j:image

ビアラオ美味し。

ひとしきり盛り上がったところで、前述のクレイジースポット「サクラバー」へ潜入。所謂クラブですわ。

最初はテクノばっかでテンション↓だったけど、最後の方がゴリゴリのhip-hop流してくれてクソ上がりました。eminemとjay-zの曲をセブと熱唱して喉を壊しました。

最後はそこで仲良くなったスウェーデン人4人とともに近くのクラブに移動。疲れてすぐ帰りました。

短期旅行のときは毎晩そんな感じで飲み歩いてたけど、今旅はこーゆうの初。楽しかったな。

昼も夜も真剣に遊んだ1日でした。

f:id:yusana7:20190117214143j:image

こんな記事も読まれています!

-アジア

© 2022 Yusana Blog