真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【今だから語り継ぎたい】レジェンド、水島武蔵という男

f:id:yusana7:20190722152711p:image

ドミトリーやゲストハウスって安くていいんですけど、たまにこーゆうことがあります。

攻略法は

①部屋を変えてもらう

②部屋に帰らない

③酒を飲みまくって一時的に嗅覚を殺す

の3つです。3つ目は多大なコストがかかる上に、アルコール摂取量が足りない場合は臭いと酒がミックスして猛烈に気持ち悪くなるのでくれぐれも心して臨んでください。


ブログランキング参加中。「世界一周」クリックがあなたの一票じゃ。応援してくれ。一日一回ずつクリック。頼む。(別ページに飛びます。戻ってきてね。)

皆さまのおかげでぐんぐんランキング上昇中です!ありがとうございます!

 ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️


 

今だから知って欲しいレジェンド

先日の記事で、ある人に会うためだけにタジキスタンを訪れたことを書きました。 

www.yusana7.com

今日はその人について紹介したいと思います。

最近久保建英のレアルマドリード移籍が凄まじく報道されてますが、若くして海外移籍をすることはもはや珍しくなくなってきてます。そんな今だからこそ知ってほしいレジェンドです。

 

水島武蔵

という男。

 

Jリーグが創設されるより20年ほど前、まだ日本でサッカーがマイナースポーツだった頃、ブラジにサッカー留学に行き、そのままプロデビューしたスーパープレーヤーです。僕の独断と偏見による「水島武蔵といえば〇〇」を3つにまとめましたのでご覧ください。

 

水島武蔵といえば〇〇

  • 日本で初めてブラジルにサッカー留学&プロ契約した
  • キャプテン翼のモデルになった
  • モレリアを生み出した

 

ブラジルサッカー留学&プロ契約

10歳の時に単身でブラジルへサッカー留学に行き、超絶名門のサンパウロFCの下部組織に入団。そのままトップチームでプロデビューしてます。凄え。。神様ペレが来日した時に開かれた少年サッカーの大会で、ペレから評価を受けたことが留学のきっかけだったんだとか。10歳でブラジルに行くなんて決断、ミラクルチキンの自分には到底できないなあって感じです。

ブラジル留学といえばキングカズが有名だけど、水島武蔵はそれより前に渡ブラしてるんですね!

キャプテン翼のモデルになった

これはあくまで噂でしかないですけどねー、作者の高橋陽一も実在してる人にモデルはいないなんて言っていたこともあるらしいですけどねー、水島武蔵とキャプテン翼のライフストーリーってめちゃめちゃ似てるんですよねー。

静岡県出身、小学生の時にブラジル留学、サンパウロに入団。。モデルと言われてもおかしくないですな。

キャプテン翼は日本を代表する超絶ワールドワイドな漫画で、影響を受けたサッカー選手は数知れず。ジダン、デルピエロ、メッシ、イニエスタ、ポドルスキなどなど。枚挙にいとまがないっす。中田英寿や中村俊輔など、日本にもキャプテン翼ファンは沢山います。主人公の翼くんが攻撃的MFをやっていたもんだから日本には優秀な選手はMFが多い、なんて言われているくらいです。

僕もばちこりキャプテン翼世代の1人です。サッカー少年でキャプテン翼を読んでない人はいなかったんじゃないでしょうかね。立花兄弟のスカイラブハリケーンに挑戦して怪我をする子供が続出したことから、スカイラブハリケーン禁止令がでた学校もあるっていう噂を当時聞きました。

web.kusokagaku.co.jp

日本にも世界にも影響を与えているキャプテン翼。そんな漫画のモデルと言われている水島武蔵の偉大さ、おわかり頂けましたか。

モレリアを生み出した

サッカーをやっていなかった人からすれば、はっ?って感じですね。モレリアはスポーツメーカーミズノを代表するサッカーシューズ(スパイク)です。

サッカーをやっていた連中で知らない人はいないですよね。モレリアが誕生したのは1985年ですが、当時の製品企画・開発に水島武蔵が関わっています。

当時ミズノはサッカーシューズの新製品開発について模索している時でした。同じ頃、サンパウロでプレーしていた時ミズノと契約していた水島武蔵は、より良いスパイクを探していました。そこで水島武蔵とミズノは共同で新しいスパイクを作ることになります。相談の結果、以下の3点を重視して開発することになりました。

足の指を動かしてボールをコントロールできるようにした

ブラジルはストリートサッカー文化が根付いていて、みんな子供から裸足でボールを蹴るので、足の指を使った絶妙なテクニックを身につけています。、ストリートサッカー育ちのサッカー選手が多かったにも関わらず、当時のスパイクは皮がカッチカチで靴の中から足の指の動きを伝えることは不可能だったらしいです。そこで採用されたのがカンガルー皮。これによって靴の皮はうんと柔らかくなり、足の指の細かい動きもボールに伝わりやすくなりました。

軽い

どんなスパイクであれ軽いに越したことはないですね。モレリアは当時、超軽量級のスパイクだったそう。

足の裏でボールを使いやすくした

これもブラジル人向けの特徴。フットサル(≒ストリートサッカー)で培った足裏テクニックをより発揮しやすくするために、あれやこれや工夫を加えました。(細かい事はよくわかりません)

 

これらの特徴をメインに開発され、1985年に誕生したのがモレリアでした。当時サンパウロで水島武蔵とチームメイトだったブラジル代表カレッカと契約を結び広告を開始。サンパウロがトヨタカップ(クラブW杯)で優勝した時にカレッカがモレリアを履いていたことから一気に認知度が向上したらしい。その後はバロンドールを受賞したリバウドが愛用するなど、世界的なスパイクになってきました。

日本では中村憲剛や大島僚太などが履き散らしていることは有名ですね!

まとめ

水島武蔵、凄い人ですね!今は知らない人も多くなってきたとは思いますが、日本だけじゃなく世界に影響を与えた大物です!

特に、真相こそわかりませんが「キャプテン翼のモデルになった」というのは本当に痺れます。翼くんは地球上の全サッカーファンの憧れですからね。

海外移籍をする日本人が当たり前になりつつ今だからこそ知って欲しいレジェンド、水島武蔵について紹介させて頂きました!みなさんに知って頂けると嬉しいです!


ブログランキング参加中。「世界一周」クリックがあなたの一票じゃ。応援してくれ。一日一回ずつクリック。頼む。(別ページに飛びます。戻ってきてね。)

皆さまのおかげでぐんぐんランキング上昇中です!ありがとうございます!

 ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️