真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

さよなら東南アジア

2018年12月31日からスタートした今旅。あっという間に2ヶ月半が経過。無事に東南アジアの旅を終えました。無事というか余裕で。

 

何せ東南アジアはどこも治安が良くて、物価も安くて。しかも個人的には10回以上1人できたことあって東南アジア旅には圧倒的に慣れていたもんで。腹を除けば体調を崩すことは一度もなく万事順調だった。

 

いやーしかしベトナムは最高だった。ベトナムに行くのは人生2回目だったけども改めて最高だった。飯はくそ美味い、物価は兎に角安い。一泊350〜400円のドミが普通に超綺麗。ビアホイでは25円でビールが飲める。しかも多くのドミがハッピーアワーを設けていて、そん時はビールを無料で飲めるという奇跡。フォーは200円もしないで腹一杯食べられる。コーヒーも激ウマ。

 

特に印象に残ったのがベトナム最北の地ハザン。想像を絶する大自然を満喫できるだけでなく、少数民族との生活も経験できる。

 

f:id:yusana7:20190316001647j:image

 

最北端を示すフラッグシップからの朝日は忘れられない。観光地化なんて全然進んでいない地域、SIMカード買ったところで電波は全然入らない。他のエリアと比べるとアクセスはちょっとだけ悪いけどその分満足度も高かった。

 

あとはミャンマーにもう少し居ればよかったと若干の後悔。実質1カ国ということもあって先を急ぎ過ぎた感が否めない。

 

最後に2週間くらいいたタイ。真田調べによると、他の東南アジア諸国に比べて物価はちと高い。店で飲むビールは大瓶で280〜400円くらい。日本よりは全然安いっていう異論は受け付けません。飯は美味いっちゃ美味いけど個人的には想定の範囲内。感動したのは屋台で食ったカオマンガイとコンビニで売ってる豆乳。

 

f:id:yusana7:20190316011024j:image

 

これからタイに行く人がいればこの豆乳覚えて。コンビニで売ってるからどこでも手に入るし値段はたった15バーツ(52円)。お店の訳わかんないスムージーとかよりよっぽどコスパ高いと思う。

 

まあそんなことより、兎に角バンコクで出会った人達には本当に恵まれた。めっちゃ仲良くしてくれてハードな華金も経験出来た。

 


 

最後はドミのみんなの親切で、夜中にも関わらず空港まで車で送ってもらっちゃいました。タクシーで行ったら500バーツ(1,800円)かかる距離よ。感謝感謝。

 

 

f:id:yusana7:20190316213942j:image

 

 

 

さてさて、東南アジアに引き換えこれから行く国は初訪問地がほとんどなわけで。そうゆう意味ではここからが本当の旅が始まるみたいな感覚。

 

 

その第1弾が北インド(なんちゃって)横断でございます。

 

 

インド。いい噂も悪い噂も沢山聞く。つか悪い噂の方が断然よく聞く。ラスト2週間のタイ生活で弛んだ気持ちを引き締め直して行って参ります。

 

 

もちろん現地の人や旅人達とのコミュニケーションは今まで通り積極的に挑戦。

 

 

いつも新鮮に!いつも明るく!楽しく!