真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【タジキスタン】<ホジャンド>たまには街ブラ報告

この間、外国人10人くらいの輪に入って話をしていた時に壊滅的に英語についていけず、それ以降自分の英語に自信をなくし晴れてコミュ障の仲間入りを果たした真田です。「ハロー!」と言われて、「つゆだく!」と答えてしまうほど重症です。挨拶の仕方も忘れました。

ブロ障にならないように気をつけます。

タジキスタンはホジャンドという都市の行きましたんで、今日は街の紹介やら観光地やらについて書きたいと思います。


ブログランキング参加中。「世界一周」クリックがあなたの一票じゃ。応援してくれ。一日一回ずつクリック。頼む。(別ページに飛びます。戻ってきてね。)

皆さまのおかげでぐんぐんランキング上昇中です!ありがとうございます!

 ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️


 

 

ホジャンドに到着

ホジャンドは首都ドゥシャンベから300km北にあるタジキスタン第2の都市。中央アジアでは最も古い歴史をもつ都市の1つで、その起源は2,500年以上前に遡るそう。

そうはいってもドゥシャンベ同様そこまで見るところはなさそうだし、相変わらず気温は40度越えで食欲も外出欲もほぼ瀕死状態。ですが、こんなところもう一生こないだろうと思い自分を奮い立たせ、2日間、街をちんちんのようにぶらぶらしてみました。面白かったところを紹介します。

旅ルートはページはこちら!⬅️中央アジア編作りました!

パンシャンべバザール

街の中心にある巨大バザール。中央アジアで1番カラフルな市場として有名だと現地のあんちゃんから聞きました。1番カラフルの基準が皆目わかりませんが、大体の山々が乾いた茶色をまとっているタジキスタンにおいては、色味があるのは貴重なのでしょう。紅一点ってやつっすね。

因みに、このバザールの名前にもなっているパンシャンべ(panjshanbe)はタジク語で木曜日という意味で、首都のドゥシャンベ(Dushanbe)は月曜日という意味なんだって。

f:id:yusana7:20190718181446j:image

意外に綺麗!実物は写真よりもインパクトありです!

f:id:yusana7:20190718181627j:image

なかはこんな感じ。

僕は市場に行くとよくフルーツを買って帰ります。その地域で取れるフルーツはどれも爆破寸前の低価格だからです。しかも大体うめえ。今回はここでブドウ一房(極大)を調達しましたが、全然美味しくない上に日本のやつと違って一粒一粒に種があって食べてる時は、放っておいてほしいのにいつまでも絡んでくるアパレル定員くらいイライラしました。値段が2ソモニ(21円)だったので許します。

観光客が少ないのか、めちゃめちゃ沢山人から話しかけられました。95%何を言ってるかわかりませんでした。

カイラクン

翌日は中心地から20kmくらい離れた場所にある、地元民に人気のビーチに行きました。タジキスタンは海に面していない埼玉県的存在なので、いわゆる湖ビーチです。場所はKairakum。漢字で書くと快楽君。

まあいくら地元民に人気とはいっても、イスラム国家で人前で肌を出すこともそんなに良しとされていなさそうだし、江ノ島とかとは全く違って静かな感じなんだろうと激しい固定観念を持って向かいました。中心地からはローカルバスに40分ほど乗ったらつくと聞いたんで、とりあえずバス停に行きました。

 

f:id:yusana7:20190718184210j:image

バスに乗り込んでこの子をみた瞬間、ビーチが絶対静かじゃないことがわかりました。

 

もう夏休み大満喫中の日本のガキと何にも変わらないじゃん。つかこんなうるさい服きてるタジキスタン人初めてみたし、君、中央アジアいちカラフルなパンシャンべバザールの50倍くらい色味あるよ。

 

現地は、この女の子と同い年くらいの子供が沢山。若者がデートでくるっていうよりかは、家族で湖水浴を楽しむって感じでした。

f:id:yusana7:20190718185107j:image

面白いなーと思ったのは女性です。

イスラム教徒の女性は基本的に人前で肌を露出しちゃいけないんで、ビーチだろうと長袖ロングスカート(ヒジャブではないけどヒジャブっぽいイメージ)着用です。そしてそれを着たまま湖に入っていきます。ひとしきり遊び終わると、砂をしこたま服にまとって湖から出てきます。

一方女の子は全く別で、もはや水着の下しかはいてない。上は何もつけてない。しかも小さい子だけじゃなくて、小学校高学年くらいの子まで。日本人的には違和感しかありません。相手は子供であれ、見てはいけないようなものを見た気分です。ロリコンではありません。

何でそんなことになってんのかはよくわかりませんが、日本人の常識とは全く違うものがタジキスタンには存在するんだなと思いました。

ホジャンド結構好きなとこかも

街全体は小さくまとまっていて街ブラはしやすい。銀行・商店・スーパーも沢山あって、経済的には首都のドゥシャンベよりも発展している感じ。

パンシャンべバザールは他のバザールよりもうんと大っきいので市場好きはきっと楽しめることでしょう!

ドゥシャンベ⇆タシュケントのちょうど間にある街なので、この2都市を移動する時は是非お立ち寄りを!

 

ドゥシャンベ→ホジャンド

時間:5時間

手段:シェアタクシー

値段:100ソモニ(1,140円)

パンジャンベバザール

中心地から歩いて15〜25分

カイラクン

時間:中心地から40分

手段:ローカルバス

値段:2ソモニ(21円)

 


ブログランキング参加中。「世界一周」クリックがあなたの一票じゃ。応援してくれ。一日一回ずつクリック。頼む。(別ページに飛びます。戻ってきてね。)

皆さまのおかげでぐんぐんランキング上昇中です!ありがとうございます!

 ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 

⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️⬆️