真剣に遊ぶ旅

銀行辞めて旅出るってよ。

【ベトナム観光】秘境ハザンが、最高な件【サパよりおすすめ】

【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】

  • ガイドブックに載っていない、ベトナムが知りたい
  • 少数民族の生活を感じたい
  • 観光地化されていない自然をみたい

そんな方には、ハザンが超絶おすすめです。

中国との国境付近に位置するこのエリアは、20の少数民族が、昔ながら生活を送る山岳地帯。

まだまだ観光開発もすすんでおらず、手付かずの自然を堪能できます。

これまで50カ国に訪れていろいろな景色をみてきましたが、中でもハザンのルンクー村からみた朝日は劇的に美しくて、一生忘れられない光景。

【ベトナム観光】秘境ハザンが最高な件【サパよりおすすめ】

  • 観光地化されていない雄大な自然
  • 少数民族との触れ合い
  • ロロ族の家にホームステイ

ハザンでは、こんなことが楽しめます。

同じようなところだとサパが有名ですが、よりディープな北ベトナムを知りたいのであれば、ハザンの方が圧倒的におすすめです。

それぞれ、みていきましょ。

観光地化されていない雄大な自然

【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】

雄大な大自然が広がるハザン

世界地質遺産にも登録されているドンバン高原や、ベトナムらしいダイナミックな棚田。

本当に絶景です。こうゆう本物の自然をみると、心が洗われますね。

ベトナムは日本人からも大人気の観光地ですが、おそらく日本で「ハザン」について聞くことはないと思います。ベトナム現地にいても、あまり聞きません。

それくらいマイナーです。でも、だからこそ味わえる絶景があります。

(最近は、欧米人の間でちょっとずつ人気がでてきている)

少数民族との触れ合い

【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】

ロロ族の方の家にホームステイ。一家に混じって朝食をいただきました

ハザン省に暮らす約20の少数民族は、今でも昔ながらの生活スタイルを続けています。

  • ハノイやホーチミンでは見ない伝統衣装
  • 放牧や農業で自給自足の生活 

観光地化されていない分、よりリアルな伝統文化を体験できますね。

他の地域より、観光客慣れしていない方が多いと思われます。現地の文化や人々へのリクペクトを忘れずに、触れあいを楽しみましょう。

ロロ族の家にホームステイ

ハザンの最大の魅力は、少数民族の家にホームステイできることだと思っています。

現地の生活をより肌で感じることができます。

スーダンやエチオピア、コソボなど、これまで色んな国でホームステイをさせてもらいましたが、好きになったきっかけは、ここハザンでのホームステイでした。

【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】

朝食の風景。ほとんどの人が朝からベロベロになっていました

おすすめは、ルンクー村のSister's Homestayというところ。中国との国境沿いにあり、ベトナム最北部を示すフラッグシップがある村にあります。ホストマザーの料理は、圧倒的美味でした。

平日朝から蒸留酒を飲みまくってベロベロのホストファミリーをみて、世界には色んな生き方があるなあと思いました。

海外旅行の時に現地人化できる最強の相棒【スリ対策?】

ハザンでの忘れられない体験

  • 一生忘れらない、五感で感じる朝日
  • 道で普通に行われいる、豚の屠殺

一生忘れらない、五感で感じる朝日

ロロ族の家にホームステイをしている時、近くの高台へ朝日を見にいったときのこと。

太陽が昇ってくると同時に、徐々にモヤがはれます。

雄大な大自然の中から、ゆっくりと村々がその姿をみせます。

さらに、日の出とともに家畜が目覚めて、鳴き声をあげはじめます。

村の人たちも、それに呼応するように活動を開始します。

集落からがちゃがちゃと生活音が聞こえてきます。

【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】
【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】
一生忘れられない、五感で感じる朝日
ルンクー村の人たちは、自然とともに生活しているのがよくわかる光景。太陽が昇ったら起きて、太陽が沈んだら寝る、みたいな。

視覚だけじゃなくて、五感で感じる、全身で味わうことができるのがハザン、ルンクー村で見た朝日でした。

道で普通に行われいる豚の屠殺

とある集落をバイクで走っている時、5〜6人くらいの集団が、何かせかせかやっているのを見つけました。よくみると、家畜の豚を縛り上げているところで、これから豚の屠殺が始まろうとしていました。

彼らは豚を抑えこみ、そしてごっつい劔のようなもので、豚の首をえぐります。聞いたこともないような声をあげて豚も抵抗したけど、首からは大量の血が吹き出し、最後は動かなくなりました。

【ベトナム観光】秘境ハザンに行くべき理由【サパよりおすすめ】

人懐っこいハザンの子どもたち

ここは、自給自足の生活を送る人々が暮らす、山岳地帯。

食料の確保、または販売用の肉を確保するために、このようなことを普段の生活の一環で行なっているものと思われます。そのあとも色んな集落で、豚の屠殺を目の当たりしましたが、ボクには衝撃の映像でした。

普段の生活では食用に加工されている肉しか目にしないけど、ああやって命と引き換えに食べることができているんですよね。

食べるということは命を頂くということであり、とても神聖なこと

こんなことを改めて感じた体験でした。

観光地よりローカル派。そんな方は、絶対ハザンです

観光地よりローカル派!そんな方は是非ハザンへ!

ベトナムらしい棚田が一望できる

ハザンは本当に素敵なところです。

距離的には日本からそこまで遠いわけではないのに、まるで地球の裏側に来たような感覚になります。古くからの生活を続けていることもあり、タイムスリップしたような気持ちにもなります。

ベトナム旅行を検討の際は、是非ハザン行きを考えてみてはいかがでしょうか。

ハザンへのアクセスと観光方法

ハノイ→ハザン

ハザンへのアクセスと観光方法

ハザンは、ハノイから約200km北に位置する。中国と隣接する地域
  • バスでざっくり10時間、金額1000円ほど(2019年1月時点)
  • 夜行バスもあり

ハノイのバスターミナルから、ハザン行きのバスがでてます。バスの本数はそれなりに多く日中便も夜行便もでているので、当日のチケット購入で問題ないかと思います。

車内は冷蔵庫ばりにクーラーが効いているので、羽織るものをお忘れなく。

ハザンでレンタルバイク

  • ボンホステルで、レンタル可能(700円/日くらい)
  • 宿泊しなくても借りれる
  • 大きな荷物を預けることもできる
  • (日本orベトナム現地でツアーも組める)

ハザン観光は、レンタルバイクがおすすめです。

ハザンのバスターミナルに着いたら、「ボンホステル」というところを目指してください。距離的にバイタクがベター。料金は交渉次第で、ボクはおよそ100円でした(所要時間10分くらい)。

ボンホステルは、宿泊もできますし、バイクをレンタルするだけでもOK

ツアーを組まれる場合は、小倉靖さんという方にご相談するのがおすすめ。

小倉さんはハザン省観光協会副会長を務めている方で、ロロ族の文化保全と村おこしを目的に現地でカフェをオープンするなど、様々な活動をされています。

日本人向けのカスマイズツアーもやっているようなので、ツアーを組まれるならぜひご相談してみてはいかがでしょうか。

ハザンへのアクセスと観光方法

文化保全と村おこしを目的にオープンしたカフェ

日本→ハノイ

  • 東京、大阪、名古屋などから直行便(6時間強)
  • 東京からハノイは、片道12,000円をきるチケットあり(2020年6月22日検索)
  • ベトジェッドの100円セールも狙い目

フライト探しはスカイスキャナー ですね。

各航空会社の売り出してるチケットの比較ができます。

チケット予約はスカイスキャナー経由ではなく、航空会社のHPから直接予約した方が安いことが多いです。検索はスカイスキャナー、購入はエアラインHPから、という運用もあり。

また、ベトナムに行く際は、ベトナムの航空会社ベトジェットHPも確認してみてください。100円セールなるものをやっていて、運が良ければ、格安でベトナム行きの航空券をゲットできます。

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』


ブログランキング参加中。クリック応援お願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

また、記事が面白い・役立ったと思った方は是非「はてなブックマーク」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 


あわせて読みたい旅のコラム

 

あわせて読みたい旅のコラム